電波オークション進めたらテレビ買い替え需要くるよね

今テレビのリモコン操作していて思いついたんですが。

 

放送事業の規制緩和を進めて電波オークションを実施するとなると、テレビの買い替え需要がドカンと来るはずですよね。

 

理由は至って簡単。

多チャンネル化するからです。

 

そもそも電波オークションというのは電波(周波数)ごとに放送事業を募って特定の周波数の放送権利を民間に売るわけです。それはすなわち現在のテレビ局だけでなく新規のテレビ事業の参入を進めることになります。これが多チャンネル化。

 

 

となるとどうでしょう。

ちょっと家のリモコンを見て見てください。

 

ボタン足らなくなるはずですよね。

地デジ対応で買い替えないといけなかったように、多チャンネル化に対応したテレビに買い替えないといけません。もしかすると現在のテレビでも設定をすれば新しいチャンネルも見れるかもしれませんが。詳しいことは知りません。

 

少なくともデフレで喘ぐ電機メーカーにはメリットがあるのではないでしょうか。

大前提として電波オークションを政策として実行できた場合に限りますけどね。

 

 

あとこれは率直に疑問なんですけど電波オークションのデメリットって既得権側が反対する(既得権側の雇用)以外に何かあるでしょうか? よろしければどなたか意見くださると助かります。では。