アルコール除菌したらリベラルに、しなかったら保守派に?:ヒトの政治的立場はどのように変化するか

(2018/4/10 記事の最後に補足の説明を追記しました。)

 

先日、非常に面白い記事を読みましたので簡単にご紹介します。

www.washingtonpost.com

この記事によると、これまでは「人は身の危険を感じると政治的に保守になる」ということが分かっていたそうなんですが*1、今回は逆に「人は安全だと感じると政治的にリベラルになる」ということが実験で再現できたそうです。

 

 

 

 さっそく本題に入りましょう。

「人は安全だと感じると政治的にリベラルになる」という結果を示す研究事例は3つ。

   研究事例1

まずは最新の研究から。この研究は「妖精のイメージ」を用いたもの。調査はオンラインで行われ、対象は300人のアメリカ国民。調査では政治的な問題・社会変化についての意見を聞く。ここではあらかじめ被験者が民主党共和党支持者かを把握してある。要は誰がどのように答えるのかを見たいわけです。

 

ただし具体的な質問をする前に被験者には目を閉じてもらい、あることを思い浮かべてもらう。それが「妖精のイメージ」。妖精が自分の所へ来て、ある特殊能力を与えてくれる。

 

ここで2つのグループに分けて、一方のグループは「自分で自由に空を飛べる力」を授かる。そして、もう一方のグループは「どんな危害が加えられても大丈夫な不死身の体」を得る。…ということをイメージしてもらう。そのあとで被験者は質問に回答する。

 

さて、この2つのグループでは政治的な意見、社会変化に対する意見はどうなったでしょう?

 

まず「空を飛べる力」グループでは共和党=保守、民主党=リベラルのように政治的な意見は、通常のアメリカの世論を反映するように分かれた。また保守的な立場の人ほど社会変化に対する否定的な意見が見られた。そう、これも通常の保守の考え方に沿うものです。

 

では「不死身の体」グループではどうだったか。こちらは共和党支持者が、政治的な意見でまさかのリベラル寄りの回答をするという結果に。また、同じく共和党支持者の社会変化に対する見方も、民主党支持者と同様に、寛容的な意見になったという結果に。

 

この研究では保守派の人を簡単なイメージでリベラルさせる事に成功したわけです。

 

   研究事例2

そして次の実験は2011年に行われたもので、こちらは「インフルエンザに対する恐怖心」を用いた実験。まず被験者に対しインフルエンザに対する恐怖心を植えつける。そしてそれぞれの人に「移民」についての立場を聞く。そして「今年インフルエンザワクチンを打ったかどうか」を質問して確認する。

 

すると、インフルエンザワクチンを「打った人」は移民に対して寛容な立場、「打ってない人」は移民に対して否定的な立場をとるという結果に。

つまりこの研究でも、「自分の身体は安全である」というイメージが人の政治的な立場をリベラル寄りにさせることになったわけです。

 

   研究事例3

そして最後に紹介されている実験は、上と同じインフルエンザのイメージを用いて移民について質問したもの。今度は「手をアルコール除菌した」グループと「アルコール除菌していない」グループに分ける。するとどうでしょう。もう傾向見えて来ましたね。

「手をアルコール除菌した」グループでは移民に寛容な立場、「アルコール除菌していない」グループでは移民に対し否定的な立場、という結果になったそうです。

 

いずれの研究でも「身の安全が確保されていると感じるとリベラル寄りになる」ということが示されたわけです。

 

さて、いかがでしたでしょうか。もちろんこの結果がすべて正しいとも言い切れないわけですが。とはいえ、私たちが自身の価値観や自らの考えに基づいて政治的な判断を下しているというのは半分正しくて、半分は誤っているかもしれない。私たちの政治的選好というのはもっと本能的な部分で決まってしまうかもしれないのです。

 

ちなみに「保守派の政治家が人々の恐怖に訴えて支持を獲得するという」のは割と理にかなっているわけですが、これがリベラルの政治家になった場合どうでしょう。「人々に身の安全を感じさせる」ということができれば有権者はリベラルになびくということなんですが。これは難しそうですね。こう見てくると世界的に保守派のポピュリストが台頭していることも頷けるかもしれませんね。

 

(2018/4/10 追記)

妖精のイメージの研究論文を調べたところ、「人は安全だと感じると政治的にリベラルになる」というのは「保守派の人が、安全を感じると"社会秩序に変革がもたらされること"に寛容になる」という事で「経済格差」については容認のままということでした。

https://onlinelibrary.wiley.com/doi/epdf/10.1002/ejsp.2315?referrer_access_token=i3QIKKi53nApzJwqlXmLhE4keas67K9QMdWULTWMo8NHkhMCVCLI9a5Mdn3mvwcwjnMuVD8RcNkOzGMBlhjM43uVLWF3ybK9QGpBzDsqdredSNdVtjdJDPvPNwojvIvs

 

以下の4つが政治的立場の変化を測るために使われた質問です。

社会的保守:

①社会秩序が大きく変革する事に消極的か

②たとえ現代社会に問題があっても今の安定維持を望むか

経済的保守:

③特定のグループに機会が遍在する事を容認するか

④機会はどのグループにも公平に与えられるようにすべきか

 

このうち「妖精に不死身の能力を授かり、安全だと感じた保守派」がリベラル方向に転じたのは「社会的変革をどう捉えるか」という主旨の①②の質問のみで、経済的な質問③④では「格差を容認する」態度のままということでした。

 

つまりこの研究におけるリベラル・保守とは、

「社会の変革を進める進歩的な立場」がリベラル

「リスクを嫌

い社会の変革に消極的な立場」が保守

という事が言えるのではないでしょうか。

 

 

 

(4月16日追記)

つまり今回の実験で示された保守・リベラルの関係は以下の図の縦軸「社会の変化に積極的・消極的か」という部分ということになると思います。

 f:id:monsieuryoshio:20180416122708p:plain

(追記終わり)

 

*1:ちなみに私のブログでも紹介させていただきましたが、保守派の人ほど脳の扁桃体が大きいというのは研究で分かっています(右翼と左翼(保守とリベラル)は脳の構造に違いがある - 「脳に刻まれたモラルの起源 - 人はなぜ善を求めるのか」金井良太著 - コードレス日記)。この扁桃体というのはヒトの恐怖心を司る部分です。また生物学的に言えば捕食者に襲われた時に反応する部分がこの扁桃体という部分です。そしてこの大きさが保守派か否かということに大変深い関係があるんですね。(さらにその扁桃体についてはこんな記事もあります→扁桃体の損傷により「恐怖」を感じることができない女性 - GIGAZINE)さて、ここでなぜ恐怖心が保守的な思想に影響するかと言えば、自己防衛本能によるものでしょう。命を守るためにリスクは回避したい、また外敵に対峙するため自己の攻撃能力を高めないといけない。だから身の危険を感じると政治的に保守的な態度をとってしまう。そう考えると、保守派の政治家が外国の恐怖を煽って支持獲得に走るというのは非常に理にかなった行動なわけです。

個人的には岩手県大船渡の「かもめの玉子」が好き

私は西日本に住んでいるので正直、東北は縁遠い地域です。

それでも3.11というのは日本に住んでいるものは誰しも、何かしらの重みを背負っていることを再確認させられる、そういう日だと思います。

 

とはいえ私がいくら東北の人々に思いを馳せても、その言葉はやはりどこか浮ついた軽いものにならざるを得ない。

当事者が背負っている重みを考えた時、被災された方々のために、自分が今できることはなんでしょうか。自分がいますべきことは何でしょうか。

 

なかなかその答えは見つからないし、はっきりした正解もない。むしろ人それぞれが答えを見つければ良い。そんなことを思います。

 

 

さて、その答えと言っては何ですが、私は個人的には岩手県大船渡の「かもめの玉子」が好きです。かもめの玉子と言っても本物のカモメの玉子ではなく甘いお菓子のことです。

f:id:monsieuryoshio:20180311221128p:plain

ホワイトチョコレートでたまごのようにコーティングされた薄いカステラ生地のなかに、上品な甘さの黄味餡がたっぷりと、たまごの黄身のように、包まれているそんなお菓子です。洋菓子と和菓子のいいとこどり、みたいな感じなのでコーヒーにもお茶にも合うのでぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

(ちなみにアフェリエイトとかはやっていないので、広告とかではないです。一応リンクだけは以下にのっけておきます)

 

www.saitoseika.com

電波オークション進めたらテレビ買い替え需要くるよね

今テレビのリモコン操作していて思いついたんですが。

 

放送事業の規制緩和を進めて電波オークションを実施するとなると、テレビの買い替え需要がドカンと来るはずですよね。

 

理由は至って簡単。

多チャンネル化するからです。

 

そもそも電波オークションというのは電波(周波数)ごとに放送事業を募って特定の周波数の放送権利を民間に売るわけです。それはすなわち現在のテレビ局だけでなく新規のテレビ事業の参入を進めることになります。これが多チャンネル化。

 

 

となるとどうでしょう。

ちょっと家のリモコンを見て見てください。

 

ボタン足らなくなるはずですよね。

地デジ対応で買い替えないといけなかったように、多チャンネル化に対応したテレビに買い替えないといけません。もしかすると現在のテレビでも設定をすれば新しいチャンネルも見れるかもしれませんが。詳しいことは知りません。

 

少なくともデフレで喘ぐ電機メーカーにはメリットがあるのではないでしょうか。

大前提として電波オークションを政策として実行できた場合に限りますけどね。

 

 

あとこれは率直に疑問なんですけど電波オークションのデメリットって既得権側が反対する(既得権側の雇用)以外に何かあるでしょうか? よろしければどなたか意見くださると助かります。では。

 

なぜ三浦瑠麗さんは徴兵制を主張するのか - 「シビリアンの戦争」

 

シビリアンの戦争――デモクラシーが攻撃的になるとき

シビリアンの戦争――デモクラシーが攻撃的になるとき

 

この本は民主主義国において始められた戦争がどのような民主政治のプロセスを経て開戦の判断が下されたのか、ということを4つの戦争の事例を用いて分析したものである。事例として取り扱うのは、イギリスのクリミア戦争イスラエルの第1次・第2次レバノン戦争、イギリスのフォークランド戦争、アメリカのイラク戦の4例。

 

いわゆるシビリアン・コントロールといえば暴走する軍隊を良心的なシビリアンが抑制するというイメージが強い。しかし、現代の成熟した民主国家では軍隊が独自に戦争を始めるということはない。軍隊のやりたがらないような戦争を、むしろ政治家の側が推し進めるということが数多く見られるという。

 

 

実際に4つの戦争を詳しく分析して浮かび上がるのは、政治家が自らの野心や支持基盤獲得のために、反対する軍隊を戦争に引きずり込む姿だ。では政治家が戦争を始める動機はなにか。

 

政治家が開戦を決断するに至る要因としては、歴史的使命感・正義感・政治指導者の受けるコスト・ベネフィット 、つまり選挙で自らに有利に働くかどうか。また政治指導者の人命コストへの許容性の低さなどが影響するという。

 

 

また4つの戦争では、大衆の正義感を刺激する「事件」の存在が少なからず開戦の世論を醸成したという点にも注目したい。クリミア戦争ではシノープの海戦、フォークランド戦争でのアルゼンチンの侵攻、イラク戦争においては9.11テロが大きく開戦に影響したと考えられる。ひとたび「事件」が起きてしまうと、有権者はメディアを通じた正義/悪、勧善懲悪のストーリーに乗せられ戦争を支持するようになる。膨れ上がったナショナリズムの波は弱腰の政府を叩き、開戦に消極的な政権をも戦争に導いてしまう、という構図がケーススタディによって浮かび上がってくる。

 

一方これまで俗説において「暴走する」と思われていた軍の動きはというと、その多くが戦争に対して抑制的な態度をとっていた。とはいえ軍が常に戦争に抑制的かというと必ずしもそうではなく、不十分な占領戦略や要員の不足など、コストに見合わない戦争については強く抵抗するというのが特にイラク戦争の分析で浮かび上がった点だ。興味深かったのはアメリカ軍の事例。アメリカ軍はベトナム戦争において無理な戦いを強いられた上にその責任を一手に負わされた苦い経験を持つ。その教訓として一定規模以上の戦争には予備役兵が参加するという、政治家に開戦のコストを負わせる制度が整えられたという事例が紹介されている。また、ひとつの軍隊にしてみても決して一枚岩で動いているわけではない。実際に実働部隊になる海軍は開戦に大きく反対の意志を示すが、そうではない陸軍はそこまで大きく反対しない、といったセクショナリズムの問題が浮上した点も興味深い。

 

徴兵制導入のロジック

なぜシビリアン(政治家、メディア、有権者)は開戦を決定してしまうのか。そこにはシビリアンとプロフェッショナルな軍人の分断が存在する。政治家も有権者も自らが戦地に行くことはないので、命の危険を感じることはない。ゆえに軍隊を道具のようにいとも簡単に戦地へと送ってしまう。同じ国民であるにもかかわらず軍人のひとりひとりの命を思いやることもなく戦争に賛成してしまう。以上が本書で筆者が最も憂いている点だろう。

 

そこで出てくるのが安全保障を国民全員で応分に負担するという「共和国」構想である。兵役や予備役兵の拡充によって政治家も国民も戦争に対しコストを払う、すなわち自ら命を落とすかもしれないという危機感を共有することによって戦争が防げるというのが徴兵制導入の論理である。ただここで注意したいのは、今すぐ日本に徴兵制を、といったことを筆者はおそらく意図していないだろうということだ。この本ではその多くの紙幅をアメリカのイラク戦争の分析に費やした。よってここでの提案はあくまでアメリカに対する提案だと推測するのが筋だろう。

 

 

 

———

※この記事は読書メモとして書き留めたものを文章にしたので読みにくかったらすみません。

寝る前にヨガをするとよいという話。

いろんなところで言われていますが、寝る前にスマホをいじってから寝るといのはよくない。

ブルーライトを目に入れることは睡眠の質を下げ(以下略)

 

なので寝る前にスマホをいじる代わりにヨガをするようになったんですが、比較的睡眠の質が向上したように感じます。

ヨガといっても要はストレッチなんですが。

Types of Yoga Poses - Yoga Journal

このサイトから簡単なポーズをいくつか選んで寝る前に10分くらいやるだけ。

 

詳しい人によると髄液の流れが良くなって副交感神経が優位になり(以下略)

つまりリラックスした状態で睡眠に入れるということらしいです。

 

以上。

 

“民主主義”なんてなかった

中央政治が騒がしい。

どうやら民主主義を揺るがすような事態が起こっているとか。詳しくは語らない。

今回はその「民主主義」という言葉について。

 

「民主主義」は"democracy"を日本語に訳した単語だ。

 

日本語で「主義」というと「何かの思想を主張(志向)する立場」のことを指す。英語で言えば"~ism"が「〜主義」に該当する。

 

だが"democracy"という単語に"ism"は含まれていない。

英語の"democracy"は「民主制」や「民主政治」という制度や政体の事を指し、「何かの思想を主張する立場」としての「主義」という意味は含まれていない。

 

だから"democracy"の訳語として「民主"主義"」という言葉を当てるのは不適切。「民主主義」なんてなかったのだ。

 

では「民主主義」という単語は、上記の理由によりお役御免ということになるだろうか。

否。

この国も「民主制」を志向する、または守っていこうと主張する人は大勢いる(はずだ)。その場合、彼らは「民主主義」者であり「民主主義」的だと言えるだろう。

 

さて、我が国の民主政治の様子はどうだろう。どうやら民主制を揺るがす事態が起こっているらしい。

 

党派によらず、「民主"主義"」を掲げるものはその主張を存分に訴える時かもしれない。

 

 

文体の妙

拙ブログですが、昨日久々に更新したわけですよ。

んで、文体を柔らかく語り口調にしてみたわけですよ。

 

ブログって本来こういう柔らかさがいいんですよね。たぶん。

 

あと昨日のブログは確か3000字とか超えてたと思うんです。ちょっと反省しました。長すぎ。

 

誰がそんな長文読みたいかってことですよね。

 

自己満足でつらつら書くってのもまあ、ありだけどやっぱり読んでくれる人のことを考えなきゃだめですね。

 

明日も何か書きますね。